改装中

ADHDカウンセリング時に病院に持っていくと良い物

2019 11/26

ほとんど毎週病院に行っているのですが、自分のカウンセリングの時でも、子供のカウンセリングの時でも持っていく物があります。

それは手帳です。

社会人になってポンコツになった時に手帳を初めてまともに使い始めました。

その時から手帳は持ち歩いていたのですが、カウンセリングしていくうちに、カウンセリング中でも必要なのでは?と思うようになりました。

目次

カウンセリングの経過を記録する

何を記録するかというと、、、

  1. カウンセリング中 何を今話しているのか
  2. 日常で困っていることを話すために記録する
  3. カウンセラーさんからの解決策など
  4. 先生からのアドバイスを記録

などなどです。

カウンセリング中 何を今話しているのか

今話していることすら病院から出たら忘れてしまうので、記録できる限り書き留めておきます

先週も話したのにおんなじこと話してたらデジャヴュの数がすごいことになります。

日常で困っていることを話すために記録する

普段から手帳を使っていれば、悩み事も書いておけると思います。

手帳使ってないという人もカウンセリングノートを作ってみてはどうでしょうか?

カウンセラーさんからの解決策など

ノートに記録していて話したり、

最近困ったこととか無いですか?

と話を振られる時があるので、話すとカウンセラーさんからの解決策などいただく時があるのでそれを書き留めます。

せっかく頂いたアドバイスも忘れてしまいそうなので、もったいないので手帳に書いておきます。

先生からのアドバイス

私の通っている病院はカウンセラーさんとも話しますが、先生とも後で話す感じで、2段階で話すので先生からのアドバイスも記録するようにします。

だいたいカウンセリングでも話したので、話す元気が無くなってる時もある。。。

話す元気があって、同じことを話題にできれば先生からのアドバイスが貰える感じ。

ADHDカウンセリング時に病院に持っていくと良い物 まとめ

カウンセリングは、私は波があって バーっと話す時もあれば自分がポンコツ過ぎて物思いにふけりながらあーでもないこーでもないって感じで話すときがあります。

波があるからこそノートに記録してるときもないときもあるのですが、必ず毎回持っています。

記録できなくても、まぁいっかぐらいのお守りです。

ちゃんと記録できたらカウンセリングの記録が残るのでラッキーぐらいに思って手帳と共に病院を出ます。

記録が残ってADHDの悩みが改善されたら嬉しいですからね(^^)

ブログ村参加中

目次
目次